フットサル初心者が「個サル」で活躍する方法

タッチラインは世界最高のDF

こんにちは。

佐藤タカヨシです。

お久しぶり過ぎますね。。。

大変申し訳ありませんm(_ _)m

ただ、残念ながら攻撃編については未だ難航中であります。

楽しみにしてくださっている方には謝る他ありませんが、今しばらくお待ちください。


今日は「守備の個人戦術」における追加記事となります。

攻撃編を構想している間に「アレ?守備のアレ抜けてね?」と思い至ったので
お伝えしたいと思います。(自分の脇の甘さたるや。。。orz)

今回の記事では「相手からボールを奪うコツ」「相手の攻撃の危険度を軽減させる方法」
についてお伝えしていきたいと思います。


その方法とは?

ズバリ「コースを限定させる事」です!!

カンタンに言うと、相手の正面に立って守備をするのではなく、右側か左側のどちらかに
立って守備をしよう!という事ですね。

フットサル 写真 攻撃 143.JPG
コレじゃなくて

フットサル 写真 攻撃 139.JPG
コレ!!

この守備の方法を「ワンサイドカット」と言います。

そして、それによって相手に「片側通行しか許さないよ」という姿勢を示すのです。

もちろん左右どちらかに立つ事によって「自分がいない側のコース」は大きく広がります。

「それピンチでしょ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
必ずしもそうとは限りません。


たとえば自分がいない側のコースの先に味方が待ち構えている場合などです。

相手を「トラップ」に掛けるイメージですかね?

自分「ほーら、コッチにスペースたくさんあるよー、行っちゃいなよー。」
相手「アレ?コッチスペースバカ空きじゃん。コイツバカじゃね?ラッキー」

空いたスペースにドリブル

相手「うわっ!別なヤツもう一人いた!嵌められた!!orz」
自分&味方「バカめ。コレがハニートラップってヤツだ。」


こんな感じが理想です。

まぁ経験のある人程トラップを仕掛けている事はわかっているので、そんなカンタンには
ボールを奪う事は出来ませんが、そういう状況をつくれるだけで十分有効です。

なぜなら「相手の攻撃を制限出来た事」になるからです。


ただ、コレは「味方ありきの守備戦術」になります。

つまり「守備の個人戦術」というテーマからはかけ離れてしまっています。。。



御安心ください!!

実はチームメイトの他にも強力な味方がいるんです。

そんな強力な味方の名前はズバリ。

「タッチライン」です!!

フットサル 写真 攻撃 148.JPG
「呼びました?」

このタッチライン君は守備をする時の強力な味方になってくれます。

なぜなら攻撃側にとっては越えたら終わりの「悪魔の境界線」となるからです。

(まぁ中にはそういった状況を利用してくる強者もいたりしますが。)

つまり、チームメイトの協力が無くても上手いことタッチラインを利用すれば
相手のコースを限定する事が出来るわけです。

コレが守備の個人戦術における「コースを限定する」という事です。

※なので個人戦術におけるコースの限定は「相手がタッチライン際でボールを持っている場合」
にのみ使える戦術となります。(もしくは相手をタッチライン際に追い込んだ場合)



「タッチラインは世界最高のDF」

相手がタッチライン際でボールを持っている場合の「コースの限定方法」としては
「タッチラインと平行にポジションを取る事」です。

フットサル 攻撃 改 003.PNG
こんな感じです。

つまり「相手をタッチラインに沿った直線的な動き(縦方向の前後)だけに限定する」
という事ですね。


コレが「タッチラインと垂直にポジションを取る」だと?

フットサル 攻撃 改 002.PNG
こんな感じです。

相手には「逃げ道」がたくさん残されています。

つまり、攻撃側にとっては「タッチラインと平行にポジションを取られた時」よりも
「タッチラインを背負っている事のデメリット」が少ないという事です。


もちろん上手い人ならば「角度を広げる術」を持っています。

たとえば切り返しや股抜きなどで自分の背後を取られたら一転してピンチです。

上手く間合いを保って、自分の背後を取られないように気を付けてくださいね。

また、その場合の後方への動きについてですが、ドリブルやバックパスを含め相手が自分の
ゴールから遠ざかる分においては基本好きにさせて構いません。

「失点の危険性」が減るだけなので何も怖くはありませんからね。

(もちろんボールを奪えるそうな場合には奪いにいくべきですし、せっかく相手を
追い込んだのに逃げられた場合はもったいないですが。)


つまり、相手をタッチライン際に追い込んでコースを限定した場合、基本的には自分の
ゴールに向かってくる縦の動きだけに集中する事が出来ます。

(もちろん自分の背後を取られる動きには警戒を払わなくてはいけませんが。)

コレだと守備側としては「かなり楽な展開」ですよね?

もちろん相手のコースを一方向に限定したからといっても突破を許しては意味がありません。

とは言っても、完全に抜き去られない限りは大丈夫です。(相手が余程上手くなければ!)

なぜなら、相手が前に進めば進むほど「シュートコース(ゴールに対する角度)」
どんどんと削られていく事になるからです。

そして、進めば進むほどにヤツが迫ってきます。


悪魔の境界線第2弾!!

「ゴールライン」

001.JPG
「呼びました?」

そうです!実はコイツもいるんです!!

アッチにも悪魔、コッチにも悪魔、そして目の前には自分!!

正に「恐怖の囲い込み」ですね。

そうなれば当然相手も焦ってきます。

そうすると、角度が無くなる前に「シュートを撃つ」「センタリング(クロス)を入れる」かをしてくる事になります。

なので、それさえブロック出来れば「ナイスディフェンス!!」になるわけです。

しかし。。。

フットサルとは流動的なスポーツです。

状況が変化すればするほど選択肢は移ろいでいき、心象やプレー基準も変わってきます。


何が言いたいかというと。

相手を追い込めば追い込む程、最初は「ボールを奪えなくても失点を防ぐ事」が目的であった
守備も、段々と「相手からボールを奪わなければいけない守備」に変わっていくという事です。

(もちろんあくまで心象ですし、相手のレベルにも依ってはきますが。)

カンタンに言うと、最初は「相手のボールを突っついてラインを割らせて流れを切るプレー」
ナイスディフェンスだったとしても、相手を追い込めば追い込む程(究極はコーナースポット、
つまり四角)そのプレーは「相手の態勢を立て直すきっかけになってしまう」という事です。

つまり、相手を追い込めば追い込む程にコチラの「目的の基準」は高くなり、
相手のそれは低くなる、という事です。

「せっかく追い込んだのに結局相手ボールにしてしまった!!orz」という事です。


まぁ、コレは経験を積んでいけば自ずと分かる「プレーヤー心理」だと思いますので、
今はそれほど気にする必要もないとは思いますが。

ただ、ココで注意してもらいたいのが「突っつけばとりあえずOKだな」という考え方に
ならないようにして欲しい、という事です。

奪いきれる時にはしっかりと奪う意識を忘れずにプレーするようにしてください。

そういった「ちょっとした意識の差」で得られる経験値は随分と変わってきます。

たとえば突っついてボールを出してしまった場合でも「今のは奪い切れたな」などしっかりと
反省して次に繋げていく事がとても大切ですね。

全てのプレーが「自分の成長に繋がる材料」となりますので、しっかりと活かして
いきましょう!!


最後に

守備をする上で最も意識すべき事をシンプルに整理すると「失点しない事」が守備の最大の
目的であり、同時にチャンスがあれば「相手のボールを奪う」という事です。

その目的を達成する為の助けとして「相手を追い込む事」があり、その為に世界最高のDF
であり、悪魔の境界線であるタッチラインを上手く活用しよう!という事ですね。

なので「タッチラインを上手く活用する事」も今後は頭の中に入れながら
守備に取り組んで頂ければな、と思います。


と、いう事で本日は以上です。

最後までお読み頂きましてありがとうございますm(_ _)m

出来るだけ早く攻撃編の記事もアップしていきたいと考えていますので、
もう少々お待ちください。

よろしくお願いしますm(_ _)m


今日の一言

「タッチラインは世界最高のDF」とは、かの有名なペップ・グアルディオラ監督の言葉です。

メッシを当初使っていた右ウイングのポジションから中央へとコンバートする時の説明時に
使われた言葉みたいです。

めっちゃ上手い事言ってるけど、なんて事してくれたんだペップ!!て感じです。

(タカヨシはレアルマドリードファン)

世界最高のDFは常にピッチ上に存在していたんですね。。。

withさすらいフットサラー

こんにちは。

佐藤タカヨシです。

ブログ再開まで2週間程度掛かります、とお話ししていましたが
もう少し掛かりそうです。

申し訳ありませんm(_ _)m


さて。

本日はブレイクコラムという事で、先日お会いさせて頂いた「さすらいフットサラー」
こと伊藤大和さんとのお話しを少し。


出会いはいつだって突然!ですね。

Twitterで検索すると一発で出てくるので「さすらいさん」の存在は知っていた
のですが、いつの間にか山形にいらっしゃっていました。

お忙しい方だとは分かっていたので「山形でどんなところを回っているのかなぁ」
とTwitterへのつぶやきを眺めているくらいだったのですが、青天の霹靂!!

なんと私がよく行っている施設の「個サル」に現れたというではありませんか!

悔しい!コレは悔しい!!

その日は丁度、都合が合わずに行けていない日だったので余計に悔しさが込み上げてきます。

なぜオレはこんなにも「間の悪いオトコ」なんだ、と。

悔しさまぎれにTwitterに書き込み。

「会いたかったです。。。」と。


そしたら!なんと!!まさか!!!

「まだ数日山形にいるので、都合が合えばお会いしましょう」的な返事が!!

マジか!

キタコレ!!

最優先事項です。

全ての予定を蹴っぽってお会いさせて頂きました。

夜にフットサルの練習に参加するとの事だったので、それにご同行させて頂く
傍ら、道中に「フットサル施設」「道の駅」などにも寄りました。

047.JPG

スイカが名産地の尾花沢市の道の駅です。

053.JPG

道中見つけた「田んぼアート」です。
(写っているのは私の後ろ姿です。ごめんなさい。)

044.JPG

道中にあった道の駅のトイレです。

「こんなWi-Fiスポットはイヤだ!!」

と、まぁこんな感じで観光を楽しみながらの道すがらでした。

「フットサル」を通じて人との繋がりをつくり、それぞれの文化に触れながらの
まさしく「さすらい」の旅は、とても素敵なモノだなぁ、と感じました。


そして、いざフットサル!!

僅かの間でしたが、一緒にプレーさせて頂き、とても楽しく充実した時間を
過ごさせて頂きました。

そこで、僅かの間でしたが一緒にプレーさせて頂いて「気付いた事・勉強になった事」
をカンタンにまとめてみたいと思います。

@遊び心の大切さ。
A技術レベルの高さ。
B両足の遜色のなさ。


@遊び心の大切さ。

とにかく足技がヤバい。

「コレぞフットサル!」って感じのボール捌きでした。

特に驚いたのが「フェイク」の多さ。

回数・バリエーション共にかなりの多さでした。

「トラップの瞬間」にはほぼ必ずと言っていい程ワンフェイク入れていました。

スラムダンクの流川を思い出しました。


A技術レベルの高さ

精度・スピードなどの技術力に関してはもちろんなのですが、何よりも驚いたのが
状況によって「パスの種類」を使い分けている、という事でした。

回転を掛けたり、スピードを調節したり、軌道を変えたりする事でその状況において
「最適のパス」を繰り出していました。

スピードや軌道に関しては多少意識したりもしていましたが、まさか「回転」まで
操ってパスを調節しているとは。。。

圧巻でした。


B両足の遜色のなさ。

コレは初めての経験でした。

初体験です。

私は彼に「左利きなんですか?」と聞きました。

すると彼は「右利きです。」と答えました。

マジか。

「両利き」までは想定していましたが、まさかの「右利き」

いや、キックとかならわかりますよ?

両足同じレベルで蹴れたとしても。

私は彼の「ドリブル」を見て質問したのです。

マジか。

なんだったら左足の方が高い頻度でボールを扱っていたように思います。

かなりビビリました。


最後に。

「さすらいフットサラー」こと伊藤大和さんとお会いし、一緒に行動させて頂いた事で
勉強になる事がたくさんあり、とても素敵な時間を過ごす事が出来ました。

また、突然参加させて頂いたチームの方々にも大変良くして頂き、とても嬉しかったです。

今後、また機会がありましたら、是非一緒にフットサルが出来れば嬉しいです。

ありがとうございましたm(_ _)m

056.JPG

どんな顔をすればいいかわからなくなり、結果ドヤ顔になりました。。。

「短期集中フットサル上達法」のサポートを受けてみて

こんにちは。

佐藤タカヨシです。

今日はいよいよ「短期集中フットサル上達法」最後のレビュー記事です。

→「短期集中フットサル上達法」



本日のテーマは3つです。
・「フットサル〜新たな発見〜」
・「サポート受けてみました」
・「最後に」


このラインナップでいきたいと思います。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

それでは早速はじめていきたいと思います。


続きを読む

「短期集中フットサル上達法」の存在意義

こんにちは。

佐藤タカヨシです。

今日も引き続き「短期集中フットサル上達法」のレビュー記事をお伝えしていきたい
と思います。

→「短期集中フットサル上達法」



本日のテーマは「基礎技術の大切さ」についてです。

この記事を読まれている方は恐らくまだ「購入の決断」について「決心が揺らいでいる方」
多いと思います。

続きを読む

「短期集中フットサル上達法」の価格と価値

こんにちは。

佐藤タカヨシです。

今日も引き続き「短期集中フットサル上達法」についてのレビュー記事を
お届けしていきたいと思います。

→「短期集中フットサル上達法」



本日のテーマは「商品価格と商品価値」です。

もしかすると、既に販売者ページを読んで「価格を御存知の方」もいらっしゃるかも
しれません。

(まだご存知でない方は申し訳ありませんが販売ページよりご確認ください。)

まだ価格の確認をしていない方や、価格は既に確認しているけど気持ちが揺らいでおり、なかなか
「購入の決断」が出来ていない、という方も今日の記事をご一読頂ければ幸いです。

もしかすると「考えを変えるきっかけ」となるかもしれません。

それでは早速はじめていきたいと思います。

続きを読む