フットサルアイテム説明書 - フットサル初心者が「個サル」で活躍する方法

フットサルアイテム説明書

こんにちは。

佐藤タカヨシです。

今日からいよいよフットサルについて話していきたいと思います。


本日のテーマは「事前準備」です。

フットサルをはじめる前の準備についてお話しします。


「フットサルの事前準備」

@フットサルアイテム

A個サルの参加方法

B「個サル」のルール

基本的にはまず以上の3つをおさえる必要があります。

「言われんでもわかるわ!」「当たり前だろ!」と思われる方もいると思いますが、
そんな方は復習も兼ねてお付き合いいただけると嬉しいです。

ではまず@フットサルアイテムからお話していきます。

てゆーか今日はコレだけです。かなり長くなってしまうので。
(コレだけでも十分長いですが。。。)


必要な物

@ウェアの上下
Aフットサルシューズ
Bソックス
Cレガース(すね当て)

基本この4つです。(季節によって多少変わります。)


では、順を追って説明していきたいと思います。


@ウェアの上下

これは基本的にはなんでもいいです。(動きやすい格好であれば。)

家にあるスポーツウェアを着ていこうと考える人は多いかもしれません。
(アディダスとかナイキとかミズノ、プーマ辺り。)

もちろん全然OKです。問題いっこもありません。


ただ、実はフットサルには専用のウェアも存在します。

そして、それは「オシャレ」です。

「いやいや、家にあるのにわざわざ買う必要ないよ」という方はAまで
すっ飛ばしてください。


私は個人的に「カタチから入りたがり」な人間です。

なので当然フットサルウェアにもこだわります。

さっきもお伝えした通り「オシャレ」なんですね、今時のフットサルウェアは。

普段着として着ている人もいます。(私もたまに着ます。)

まぁ「ウェアをそのまま着る」というのは流石に恥ずかしいので「そのブランドが展開している
Tシャツやパーカーを着る」という事ですが。

(フットサルブランドはそのデザイン性を活かしてウェア以外にも普段着・Tシャツ・アウター・
 パーカーなど、しまいにゃジーンズなんかもつくってたりします。)


ただ、そんな「フットサル業界」。。。

ぶっちゃけ「把握しきれない程のブランド」があります。

わかんないです、多すぎて。

しかも「サッカーのメーカー」まで「フットサル用の商品」を展開していますので、
更にブランド数は増えます。

なので、ココでは「おさえておくべきブランド」や「個人的に好きなブランド」なんかを
お伝えしていきたいと思います。


@まずはド定番の「ATHLETA」!!(アスレタ)
A個人的に大好きな「JOGARBOLA」!!(ジョガボーラ)
Bロゴがクール!な「KUVERA」!!(クベラ)
C友達が好きだった「KELME」!!(ケレメ)
Dサークルのユニフォームに使用した「SPAZiO」!!(スパッツィオ)
E女性に人気の「SVOLME」!!(スボルメ)


もちろん完全に「独断と偏見」による選定です。

他にもオシャレなブランドはゴロゴロあります。

気になった方はコチラから。
フットサルブランド


で、私がコレらのフットサルブランドに対してずーっと不満に思っていた事がひとつあったので、
この場を借りてお伝えさせていただきたいと思います。

・・・・・・「読み方わかりづらい!!!」

スッキリしました。ありがとうございます。


正直、わざわざ調べたりしない限り、ブランド名わからない、もしくは読み方に自信ない、
という方けっこういると思うんですよね。。。

全体的に馴染みのなさすぎる言葉なんですよ!名前までムダにオシャレ!

すみません、取り乱しました。


それではウェアの話の続きという事で、興味が湧いた方はお近くの「スポーツショップ」
行ってみましょう。

あ、ちなみに気に入ったブランドのホームページを見ると、大体のブランドは取扱店に
ついても情報が載っていますので、参考にしていただければと思います。

やっぱり実際に試着してみてわかることは多いと思いますので。(着心地なんかは特に。)


ただ、基本的にフットサルブランドは「ネットショップ」で運営していることが多いです。

そのため、コアなフットサルショップはそんなに多くありません。

ましてや田舎なんかだと、実店舗のあるところはほぼないと思います。


私は山形に住んでいるのですが、実は昔近くにフットサルショップがありました。

ただ、そのショップは一度引越しをして、その後はネットショップに切り替えました。

凹みました。orz


なので、目当ての商品が無い方は、一度近くのスポーツショップでそのブランドの別の商品を試着
してみて、「サイズ感や着心地」を確かめてからネットで購入していただければと思います。

(確度は落ちてしまいますが、現状その方法が一番ローリスクになると思います。)


値段は、平均するとシャツが「¥3,000〜5,000位」で、パンツが
「¥3,000前後位」だと思います。(もちろんピンキリです。)


また、季節によっては「ジャージやピステ(生地の薄い防寒具)」などが必要になる方も
いらっしゃるかと思います。

平均価格は上下で「¥10,000前後位」だと思います。(ピステの方がちょっと安いです。)

もちろん、強制ではありませんので、「オレはカタチから入るぜ!」という人や
「オシャレの幅を広げたい」という人は参考にしていただければと思います。


次に「どんな商品を選べばいいか」という事ですが、最初はやはり無難にシンプルなデザインの物を購入する事をオススメします。

狙い所は「目立たないけど、わかってるぜ感」です。


ちなみに「サッカーの代表チーム」や「クラブチーム」のユニフォームを着るのもひとつです。

特に好きな選手がいる場合などは、「その選手の名前入りのユニフォーム」を購入されると
いいかと思います。

(ちょっと値は貼りますけどね。ただ公式のレプリカ以外も含めればピンキリです。)

なぜなら、その選手が有名であればあるほど「周りの人が食いついてくれる可能性」
高まるからです。

「コミュニケーションのきっかけ」のひとつとして、有名選手の名前を利用しちゃいましょう。

(その選手のプレースタイルやゴシップ、名シーンなどを知っておくとより深い
 コミュニケーションを取れる可能性が高まります。)

名付けて「虎の威を借る作戦」です。



Aフットサルシューズ

まずは豆知識。

フットサルシューズの事を、通の人は「サルシュー」と呼びます。

どうでもいいですね。


サルシューもウェア同様、基本的にはなんでもいいです。(動きやすいものであれば。)

ただ、動きやすいからといって家にあるランニングシューズやスニーカーなんかを
履いて参加すると、たぶん「けっこー恥ずかしい」です。

なので、周りの冷ややかな視線にゾクゾク出来る個性をお持ちの方以外は、多少の出費は
諦めて「サルシュー」の購入をオススメします。

もちろんシューズにもフットサル専用のものはありますが、主にサッカーのメーカーの
ものが多いです。(アディダス・ナイキ・プーマなど)


で、そんな中私がオススメするフットサルシューズ(もちろん独断と偏見)はというと。

「DIADORA」(ディアドラ)です。


理由は「かっちょいいから」です。

そして後付けで「ロベルト・バッジョ」が使っていたからです。

今もフットサルシューズは「DIADORA」です。

「イタリアのメーカー」です。

これだけでかっちょよくないですか?

ディアドラ・ジャパン


で、基本的にフットサルシューズの種類は2種類です。

それは、シューズの裏に「イボイボのついてるヤツ」「イボイボのついてないヤツ」です。

めんどくさいので「イボあり」「イボなし」にしますね。


ちょーカンタンに説明すると、

「イボあり」「人工芝(屋外)用」で、

「イボなし」「体育館(屋内)用」です。

(※「イボなし」「屋外・屋内共」に使用可能ですが、「イボあり」は屋内では使えません。)


なので、基本的には「イボなし」を購入されることをオススメします。

「私はイボイボがないと生きていけません。」という方は仕方ないので「イボあり」
購入しても構いません。

その代わり体育館は出禁です。

(一応「イボあり」が人工芝用とされるのは、イボのおかげで踏ん張りが効くからです。)


ただ、ぶっちゃけそんな変わりません。

私は「イボなし」でやってますが、大して困ったことはありません。

なので「イボなし」を購入して、やたらスベるなーと感じたら「イボあり」を購入する、
くらいの感じでいいと思います。

「もともと体育館でする予定はない!」という方は「イボあり」を購入されると
いいかもしれませんね。


さて、次は「何を基準にしてシューズを選ぶか?」です。

候補を絞り込む最初の基準は「デザイン」でいいと思います。

(私が「DIADORA」じゃないといや!みたいなことですね。)


やっぱり自分が良いと思ったデザインだと愛着が湧きますし、テンションも上がります。

(「カタチから入る」のと「こだわりを持つ」というのを私はけっこう大切にしています。)

それに、デザインが決まれば、候補はかなり絞れると思います。


次に選ぶ為の基準ですが、ズバリ「履き心地」です。

当たり前と思われるかもしれませんが、コレけっこう大事です。

普段履いてる靴ですら新品だと靴擦れを起こしたりしますよね?

コレがフットサルになると、、、


えらいこっちゃです。


シャワー浴びる時に泣きを見ます。

なので「履き心地」はかなり重要視してください。優先順位で言えばデザインより上です。

(テンション下がる可能性ありますが。。。)


ちなみに私は「履き心地」の中でも「素材」の要素を重要視しています。

初心者の方には将来的な話にはなってしまいますが、「タッチの感覚」が素材によって
ずいぶん違うのです。


私の完全な個人的意見ですが、「合成皮革」は最悪です。。。

「困ったちゃん」なんですよヤツは。

頑固で融通の効かないヤローなんです。

つまり、「生地が伸びなくて硬い」んですね。

がっちりホールドなんですよ。

どういう事かというと「予想よりボールが跳ねる」んですね。抵抗してくるんです。


ただ、そんなヤツにも良いところはあります。

それは「強いボールが蹴れる事」「値段が安い事」です。

この2点を重要視される方は、合成皮革の方がいいかもしれませんね。


私は断然「天然皮革派」です。

いちばんのポイントは「生地が伸びる」ので、足に馴染む事なんですね。

多少履いた感じがキツくても足に馴染んできますし、何より生地が柔らかいので

より「素足に近い感覚」でボールタッチが可能になるんですね。


私はこの「素足に近い感覚」というものをかなり重要視しています。

値段は合成皮革よりも張りますし、合成皮革ほど強いボールは蹴れなくなりますが。。。

あとは個人の好みによりますので、これらのポイントを踏まえた上で購入を検討される
といいと思います。


あと、やはり購入はネットよりも実店舗でされたほうがいいかと思います。

(もしくは実店舗で履き心地を確かめた上でネットで購入する。)

「こんなん私が思ってたのと全然ちゃう!」とならないように気を付けてください。

特に「サイズ」に関しては、メーカーによって若干異なりますし「シューズの幅」
メーカーによって違います。

「アメリカのSサイズ、全然Sじゃない!むしろL!」

みたいな感じですね。


私は足の幅が太めなので、ナイキなんかだと逆に私がシューズに嫌われます。
(※ナイキは幅が細い)

シンデレラの「ガラスの靴」感覚でシューズ選びをすると楽しめるかな、と思います。

店員さんにもいろいろと聞く事が出来ますしね。


あと「シューズの値段」についてですが、ピンキリです。

先ほどもお話しした通り「合成皮革は割安」「天然皮革は少し高め」です。

全体的な相場だと、平均で「¥6,000前後位」だと思います。

安いのだと「¥3,000〜位」ですかね?(参考までに。)


では、サルシュー選びのポイントまとめです。

・最初の絞込みは「デザイン」から!

・大事なのは「履き心地」!

・最重要は「素材」!

以上、フットサルシューズについてでした。


Bソックス

あまり深く考える必要はありません。

最悪普段履いてる靴下でもいいです。(大会とかになると怒られるかと思いますが。)

ただ、再三お伝えしている通り、私は「カタチから入る主義」です。

なので、ある程度こだわります。

といっても、

・「フットサル(サッカー)用のソックスを使う」のと

・「ウェアの色とバランスをとる」事くらいです。


あとは「ソックスをだるーんとたゆとわせる」くらいですかね?

「ルイ・コスタ」も好きなので。(現役時代ソックスを下げてた選手。)

number 060.JPG
ルイ・コスタ(元ポルトガル代表のサッカー選手。クールでダンディなナイスガイ。)

※現役引退後の写真です。よりダンディズムになってました。スーツ似合いすぎ。
(すみません、現役時代の写真見つけられませんでした。。。)


むしろソックスピーンと上げるとテンション下がります。下手になる気さえします。

(気のせいですかね?)


まぁ、という事なのであまり深く考える必要はありません。

「サルシュー」を買うついでに購入するもよし、ネットで購入するもよし。

値段は大体「¥1,500位」で買えると思います。(もちろんもっと安いのもあります。)

という事で、次です。


Cレガース

レガースに関しては恐らく付けていない人がほとんどだと思いますが、ぶっちゃけ
スネぶつけるとめちゃくちゃ痛いので、用心に越したことはないと思います。

(スネ・金的・みぞおち・モモカン辺りはプレーヤーにとっては恐怖でしかない。)


ちなみに私は「スネを削られる事を恐れない」ので、レガースは着けません。

てゆーか、ぶっちゃけめんどくさいからです。

滅多にスネを削られるなんて事ありませんしね。

なので、私の考えとしては「用心に越したことはない」というくらいの認識です。


隣で弁慶が泣いてたら、迷わず私のレガースあげます。(遅いか。。。)


「足にちっちゃな用心棒を雇うかどうか」みたく考えると楽しいかもしれません。

まぁ、とりあえず持っていって、他の人たちが付けていないから自分だけ付けるのは
恥ずかしいなぁと思ったら付けなければいいだけなので。

コチラもあまり深く考える必要はありません。

そして後々公式戦に出ることを考えてる人がいれば、レガース必須の場面も出てくる
可能性があります。

「¥1,000」もあれば購入出来ますし、こちらもスポーツショップなどにいけば基本的には
置いていると思いますので。

(もちろんネットで購入してもOKです。)



おわりに

長々とフットサルに必要な道具についてお話ししてきましたが、施設によってはなんと!
「まるまるレンタルする事」も可能です。

「とりあえずどんなもんか体験体験」とお考えの方にはオススメです。

(レンタルやってない施設もあるので、要確認です。決め打ちはやめましょう。)

「あ!○○忘れた!」ってなっても望みは捨てないようにしましょう。(可能性を信じて!)

ちなみに私もシューズ忘れてレンタルしたことがあります。

「DIADORA」ではなかったのでテンションガタ落ちでした。


以上、フットサルをはじめる前の事前準備「@フットサルアイテム」についてでした。


長くなってしまったので、明日はちょっと軽目に私の「フットサルブランドコレクション」
御紹介したいと思います。(参考になれば嬉しいです。)

本日も長文お読みいただきありがとうございます。

それでは、また明日!


今日の一言

ムダ豆知識

理由は全然わかんないんですけど、ウェアひとつとってもムダに呼び方の
種類があります。

例えば「ゲーシャツ」・「プラシャツ」・「トレシャツ」

基本全部一緒です。

「ゲームシャツ」・「プラクティスシャツ」・「トレーニングシャツ」です。

惑わされぬようお気を付けください。


今日の一言A

最近ATHLETAの缶コーヒーがアサヒ飲料とのコラボで発売されました。

フットサルコート 015.JPG

ブラジル最高等級高級豆100%使用らしいです。

美味しかったです。


最後の最後まで、ありがとうございました。
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー